貸家に入居したものの赤水が出て大変。

■作業箇所

水・お湯の配管全般(蛇口数:全部で8箇所)

水:台所・洗面・トイレ・浴室・浴槽

湯:台所・洗面・浴室

 

■作業内容

口径20mmの量水器から圧縮空気を打ち込む場所を仮設設置し、給湯機には圧縮空気が入らないように給水管から給湯管へ直接バイパスを施しました。浴室のサーモスタット水栓、台所のシングルレバー、洗面所のシャワー水栓などの精密水栓は通さず、全て下のアングル止水栓から汚れた水を排出するようにしました。もちろんロータンク式のトイレも同様、タンク内に汚い水を入れることなく、直接便器に排出するようにしました。

■作業風景写真

打込口仮設設置 給湯機バイパス

▲打込口仮設設置               ▲給湯器バイパス

台所(水)洗浄前 台所(水)洗浄後

▲台所(給水管)洗浄中            ▲台所(給水管)洗浄後

台所(湯)洗浄前 台所(湯)洗浄後

▲台所(給湯管)洗浄中            ▲台所(給湯管)洗浄後

洗面(湯)洗浄前 洗面(湯)洗浄後

▲洗面(給湯管)洗浄中            ▲洗面(給湯管)洗浄後

浴室(湯)洗浄前 浴室(湯)洗浄後

▲浴室(給湯管)洗浄中            ▲浴室(給湯管)洗浄後

 

■感想

給水(水)はそれほどの汚れは見られなかったものの給湯(湯)の配管は汚れていました。住まわれている住人さんもその汚れを目の当たりにし、洗浄してもらって本当にうれしいとの声を戴きました。このように新しい場所に入居した際に、しばらく使っていない水道管は怖いものです。入居される前に洗浄してリフレッシュしてみてはいかがですか?


ページの上部へ